«ownCloud インストールメモ 最新 bundle installでエラー»

発狂する近況


2015/10/26 [web] ownCloudメモ続き

前回、色々書いておいてなんだが、一般的なレンタルサーバーでownCloudを使うのはいまいちかなあ、という気がしている。 まず、あまり大きなファイルを頻繁にやり取りすると、サーバの転送量制限にひっかかりそうで、躊躇してしまう。転送量抜きにしても、大きなファイルのアップロード、ダウンロードは、サーバのリソースを大きく使うので、(レンタルサーバの種類や契約内容にもよるが)あんまり好ましいことではないだろう。

じゃあ、小さなファイルを扱うケースというと、スマホとかで撮影した写真のアップロード先というのが真っ先に思いつくが、今となってはGoogleフォトでいいんじゃね、という気がする。一応、容量無制限ということになってるし。

いや、Googleにはプライバシーの問題がある、ということについては、それでは契約したレンタルサーバーをどこまで信用できるか、という同じような問題が出てくる。アップロードしたファイルについて、レンタルサーバー側が一切チェックしていないと信じるほど自分は楽観的にはなれなかった。少なくとも、サーバ上のファイルを暗号化しておくのは必須だろう(気休め程度だと思うが)。 なお、ファイルの暗号化については、ownCloudの設定画面上から有効にすることができる。

また、何もかも自分でメンテナンスすることになるので、バックアップやセキュリティについても不安が残る(特に後者)。

つまり、

  1. 大きいファイルは扱わない方がいいかもしれない
  2. 第三者にアクセスされるとヤバそうなファイルは扱わない方がよい
  3. アップロードしたファイルが流出する可能性を常に念頭に置く
  4. アップロードしたファイルのバックアップは必須

ということになるので、積極的な使いみちがいまいち思いつかないんだよなあ。

完全にプライベートな領域(LAN内)で使う分にはいいとは思うが、それなら共有フォルダとかDLNAサーバを立てればで十分じゃね、という気がする。


編集