contents

発狂するバックナンバー(2002年 9月)

このページの末尾へ


〔2002/ 9/ 8〕

ようやく「13ゴースト」を観た。主人公の情けない父ちゃん(トニー・シャローブ)がどこかで見たことのある顔で、上映中ずーーーっと気になっていたのだが、プログラムを見てようやく「ギャラクシー☆クエスト」の人だと判明。そうか、宇宙人を連れてきたあの人かあああ。ってことは、亡くなった奥さんっていうのはもしかして。そして、二人の間に出来た子供達というのは……(←ふたつの映画を混同してはいけません)。他にもマシュー・リラードといい、どこかで見た顔だらけの映画でありましたよ。
しかし、「バイオハザード」といいこれといい、みんな「CUBE」好きだなあ。

〔2002/ 9/13〕

2ちゃんねるの某スレより、スパイキッズ2予告編の吹き替え版を見る。すげえ。何がすごいかは、是非あなたの目で(いや、耳で)。

〔2002/ 9/27〕

ジェイソンX プログラム
えー、左(ブラウザによっては上)に見えますが、今週月曜に観た「ジェイソンX 13日の金曜日」のプログラムです。いやあバカですねー。しかも、左目部分がくりぬかれているのがよりチープでいい感じです。
映画自体も、例え宇宙にいようが平然と殺しの道をひた走るジェイソンと、それに対して何ら有効な対策を打てない馬鹿な人間たちの死体の山が拝める大変すがすがしい内容でした。なお、400年後の世界なんだからもちっとマシな兵器を持っているだろうというツッコミは無しにということで。ラストの怒濤の盛り上がりとオチは必見だと思う。
ホラーが怖いという偏見をお持ちの方に是非お薦めしたい、超絶バカ映画でした。

なお、現在「目指せ! ホラー将軍! 『ジェイソンX』を観て、『ダウン』も観よう! キャンペーン」実施中らしい。「ダウン」はナオミ・ワッツ主演らしいので、是非観たいんだよなあ。


このページのトップへ

Copyright (c) by Katin@BookMeter

contents