contents

発狂するバックナンバー(2001年12月)

このページの末尾へ

n

〔2001/12/18〕

久しぶりに映画館なぞというところまで出かけて「シュレック」を観てきた。当初、現実主義的ロマンスを抱いていたお姫様が次第にファンタシーなロマンチストに変貌していき、結果、うっかり緑色の化けもんに好意を抱いてしまうとう、いかにもオタクが喜びそうなお話でありました。ギャグもなかなか面白いし、できれば吹き替え版も観たいのだけれども、でもシュレックの声がなあ……。しかし、好みの映画ではあるのだが、超大ヒットしてしまうというのはよくわからん。
ところで、来年にリバイバル上映されるらしい「E.T」の予告編がかかっていたのはラッキーだったなあとか思いつつ帰宅したら、ドリューが離婚してやんの。


〔2001/12/29〕

はっと気がつくともう2001年もあとわずか。てな絶望感を胸に、ファンタシーの世界へ逃避すべくSFオンラインの特集を読んでみる。とある発言を聞いて思わず黙り込んでしまった中村融萌え。あと、渡辺麻紀の「ロード・オブ・ザ・リング」ワールドプレミア速報燃え。うおおおおおお、早く観てええええ。あとは、『ハリー・ポッター』に関する話題がなかなか興味深かった。ある種代表的な批判への反論になっているのではないかと。しかし、わたしゃ『ハリポタ』は未読なんだよなあ。今年中に読めるかしらん。ちなみに、現在『イリヤの空、UFOの夏 その2』をもうすぐ読了するところ。


〔2001/12/29〕

はっと気がつくともう2001年もあとわずか。てな絶望感を胸に、ファンタシーの世界へ逃避すべくSFオンラインの特集を読んでみる。とある発言を聞いて思わず黙り込んでしまった中村融萌え。あと、渡辺麻紀の「ロード・オブ・ザ・リング」ワールドプレミア速報燃え。うおおおおおお、早く観てええええ。あとは、『ハリー・ポッター』に関する話題がなかなか興味深かった。ある種代表的な批判への反論になっているのではないかと。しかし、わたしゃ『ハリポタ』は未読なんだよなあ。今年中に読めるかしらん。ちなみに、現在『イリヤの空、UFOの夏 その2』をもうすぐ読了するところ。


〔2001/12/30〕

あー、今「アラビアン・ナイト」を観ているのだけれど、な、なんかアラジンが兵馬俑で魔法のランプを見つけてるよー。しかも、なぜか弁髪で顔はあきらかにアジア人で、漢字らしき文字が壁に書かれているし。あのー、ここはどこ、彼は何人? 興味は尽きぬままに話は進んでいくのだった。一体これからどうなるの?
「明日の晩まで待つのです」byシャラザート
再開は11時45分かららしい。


〔2001/12/31〕

私にとって、年末年始と言えば森下ベストSFの季節である。この時期になると自分が読んだ数少ないSFを振り返り、どんな配点にしようかと悩んでいたりする。ところで、ほかの人はどうなんだろうと思って去年(2000年)末に林さんにどんな投票するか尋ねてみたことがある。しかしながら、林さんはあまり興味がなかったようで、「さあ……今年は投票しないかも」とおっしゃっていて、ふうん、そんなもんかとちょっと驚いたものだ。しかしさらに驚いたことに年が明けてベストSF2000の結果が出たときに、林さんはちゃっかり投票していた上に、日記にて「このシステムで2位で9点というのは明らかに票が足りない。せめて50人はいないと面白さが出ないよ。来年は少し投票を勧誘してまわろうか」と投票者の少なさに憂慮を示し、その上投票者を増加させるべく積極的に宣伝行為を行おうと決意されているのだ。一体あの時の「投票しないかも」という一言はなんだったのだろうか。ちなみに、さらに前の年の日記でも「今回の投票者数はあまりにも少ない。<中略>もっと、各所で宣伝すべきだったんだろうか」という感想を述べておられる。
さて、ついにベストSF2001の投票受付が始まった。林さんは果たして投票するのか、そして2年続けて決意を示された宣伝を行うのどうか、非常に楽しみですね。では、よいお年を。


このページのトップへ

Copyright (c) by 大熊健朗

contents